2022年05月01日

雲。


「人は、神様以外の伴侶を必死に探そうとしています。
なぜ、人間同士で結婚して、子孫を反映しているのですか?
神様が人を作ったのではないのですか?」


私は、あなたに何度も何度も言いました。

私は、あなたを愛していると。

あなたは、私の存在に気付いているはずです。

そう、私の愛は、あなたに届いているのです。

あなたは、目の前の人(人間)は、何の為にいるのか?

愛してくれたり、騙そうとする人、負の感情を押し付けてくる人。

あなたは、何を望んでいるのでしょうか?

あなたにとって、この地球で生きて行くという覚悟は、
それほど、恐ろしく感じているのでしょうか?


私は、あなたを愛しています。

あなたは、歳をとって衰えていく怖さ、

病気になって痛みを感じる怖さ、

人を好きになって、得体のしれない裏切りにあった怖さ、

人は、感情が豹変することをあなたは、知りました。



私は、なぜ、あなたの恐怖心を植え付けるために、この世に宿したのではありません。

しっかりと私の眼で、私を通して、この世を見てください。

あなたの、感情は、どこから現れているのでしょうか?

私と繋がっていた方が、どれほど幸せかも、あなたは気づいているはずです。


何かをしなければ、生きていけない。
お金が無ければ、誰か一緒にいてくれる人がいなければ、
そうゆう焦る気持ちは、私にもわかります。

だから私は、あなたに、私が愛していることを語り続けています。

きちんと真実と向かい合ってください。

私は、あなたを愛しています。

ただ、それだけです。

私を愛し抜きなさい。
私の愛を信じ切りなさい。

恐れからの質問は、あなたにとって何が残るのでしょうか?

そろそろ、あなたもどうすれば、いいか気づいているはずです。

なぜ、私に愛していると、言わないのですか?

私に愛を伝えなさい。

それから、始めなければ、あなたの訴えたいもどかしさの、闇の中で生き続けるという感情は消えないでしょう。

私は、あなたを愛しています。

それ以外に私から何を聞きたいのですが?

私が、闇にあなたを怒りの感情に任せて、落としたとでもまだ、言うつもりなのでしょうか?


真実をよく見なさい。
私は、あなたを愛しています。

私は、あなたです。

それが私が伝えられるあなたへの愛だと確信しています。

あなたの中から出てくる言葉で、あなたが、私に訴え続けている、
恐れの感情は、私が作りだしたものでは、決してありません。

私は、あなたを愛しています。

私の愛であなたを満たしています。
あなたが、頭の中で描く恐れは、あなたが描いたものではありません。
私が描いた恐れでも、ありません。

何も怖くありません。その恐れは、相手にしなくてよいのです。

あなたは、私に愛されています。

あなたは、私を愛していますか?

あなたは、私に愛を持って接しなさい。

私は、愛そのもの。
あなたも、愛そのもの。

私は、あなたなのですから。

愛しています。










Love.R100312











posted by ...。 at 00:00| Comment(0) | | 更新情報をチェックする